オーベルジュチケットを使って箱根旅行に行ってきたよ。【オーベルジュ オー・ミラドー編】

2017年5月29日

イベントの景品で運良く「オーベルジュチケット」を2枚ゲットしたので、2泊3日の箱根旅行に行ってきました。

オーベルジュチケットとは

オーベルジュは「泊まれるレストラン」のことなんだそうです。料理がメインの宿泊施設ですね。

泊まれるレストラン体験『オーベルジュチケット』カタログギフト


オーベルジュチケットはそんなオーベルジュな宿に泊まれる2食付きのペア宿泊券で、カタログから一つの宿を選んで電話予約→当日チケットを持っていくだけで泊まることができます。

私たちは「オーベルジュ オー・ミラドー」と「オーベルジュ 漣」に泊まることにしました。

三重から箱根へ

三重の親戚から車を借りて箱根へ。最初は新東名高速を走っていましたが裾野で降りたかったので新清水ジャンクションで東名高速に移動。

新東名高速の浜松SAで休憩しながら4時間ほどで裾野へ到着。

高速を降りてさっそく今夜の宿「オーベルジュ オー・ミラドー」を探します。

道に迷って三国峠に降りたりしつつ、15時前に到着。

オーベルジュ オー・ミラドー

洋風な外観が素敵。結婚式にも使えるんだそうです。

お部屋は本館のほかにヨーロッパ風の「パヴィヨン・ミラドー」、バリ島がテーマの「コロニアル・ミラドー」があるようで私たちが宿泊したのはパヴィヨンのど真ん中のお部屋でした。

ベッドにはバスタオルとバスローブが置かれています。

机にはシェフの手作りチョコと飴、無料のミネラルウォーターが2本用意されています。チョコが美味しかった。

大浴場に行ったのでお風呂は使いませんでしたが、お部屋にもついています。トイレが小さめで可愛い。

混んでいない日だったようで、夕飯は17時半~20時半の間でいつでも大丈夫ということでした。

私たちは散歩がしたかったので18時半スタートにしてもらいました。

周辺を散策

ミラドーから徒歩10分程で芦ノ湖の湖尻に到着。名前をちゃんと憶えていなくて「尻の湖、尻の湖」と呼んでいました。

いまにも雨が降りそうな天気で霧が出ていましたが、それがまた幻想的で良かった。

あひるボートやモーターボート、海賊船(遊覧船)に乗ることができます。楽しそう。

雄大な山々と静かな湖。ザ・観光地!という感じのお土産屋さんとご飯屋さんが立ち並び、いい雰囲気でした。いろいろと施設が古くなっているのも味があってよし。

箱根は坂道や砂利道が多いので、散歩にはスニーカーが良いですね。(パンプスで行った感想)

1時間程散歩してホテルに戻り、夕食までゆっくりして過ごしていました。調べてみると徒歩30分ほどの距離に九頭竜神社があったので行けばよかったかなぁ。まあまた次の機会に。

ミラドーでディナー

メインのお料理です。スープやお肉料理など撮り損ねちゃってます。

どれも美味しかったんですが、なにより普段食べないような食材が多くて面白かった。

普段料理もしないし適当な物を食べている私は「食事を楽しむってこんな感じかぁ」と感動。

ゆっくりお喋りも出来て、本当に美味しい&楽しい&幸せな2時間半でした。

ミラドーで朝食

朝食はお部屋で食べました。リラックスできて良かった。

まさに理想の朝食。たっぷりのコーヒーとミルクもついてます。

芦ノ湖を眺めながら美味しい朝食を食べる優雅な朝でした。

オーベルジュ オー・ミラドー感想

お食事は最高でした。レストランなので宿泊施設に関してはあまり期待していなかったのですが、外観も可愛く何も問題なく泊まることが出来ました。

芦ノ湖の湖尻に近いので周辺を散歩しても楽しい立地の良いホテルです。

ただ一つ、大浴場までの小道に立ち並ぶ像が怖すぎて笑ってしまいました。怖がりな方は夜一人でお風呂に行けないかも。友達と行くなら逆に面白いと思います。あとパヴィリオン裏にある水着着用の露天風呂はちょっとオープン過ぎて使いませんでした。大浴場に向かう人が近くを通る位置なのが難点。

アメニティは大浴場にも用意されているので、着替えだけ持っていけて良かったです。

TVや冷蔵庫、館内BGMがないのは人によっては気になる点かと思いますが、「自然の中でゆっくり過ごす」ことが出来るよう徹底していていいなと思いました。大人向けな宿ですね。

⇒ >オーベルジュ・オー・ミラドー 公式サイトオーベルジュ・オー・ミラドー 公式サイト

⇒ 楽天トラベル(口コミ46件・5/29現在)

スポンサーリンク