ヒトカラのススメ(初めてのヒトカラ)

一人カラオケ、ヒトカラ!最近はヒトカラ専門店なんかもできて、一人でカラオケに行くことも一般的になってきたように思います。私も7年前からちょくちょくヒトカラに行くようになりました。以前は今ほど「ヒトカラ」が知られていなくて、一人で行くのはだいぶ勇気がいりましたが、一度やってみるとその楽しさ&自由さにはまってしまいました。もちろん友人と行くカラオケも楽しいですが、ヒトカラにはタカラと違う楽しさがあると思います。興味があるけれど勇気が出ない人に向けて”ヒトカラのススメ”を書いてみます。

ヒトカラの良い点

・まだ上手に歌えない曲もたくさん練習できる。
・同じ曲を続けて入れてもいいし、飽きたら途中で止めてもいい。
・やたら長い曲やメドレーを入れてもいい
・メンバーに合わせて曲を選ばなくてもいい
・動きをつけてノリノリで歌っても引かれない
・デスボイス・アニメ声なんでもよし
・疲れたら終了時間前に退出してもいいetc.

ヒトカラ指南

一人でカラオケに行く「ヒトカラ」。だいぶ広まってきたといえど、まだちょっと恥ずかしい、怖くて手が出せないという人がいるかもしれません。私は極度の人見知り&恥ずかしがりであり、最初のヒトカラはとっても緊張しました。そこで、今からヒトカラに挑戦しようと考えている恥ずかしがりやのあなたにちょっとしたアドバイスを載せていきたいと思います。恥ずかしくないよ!全然平気!という方は読み飛ばしてください。

①予約をしていこう

2-01

平日の昼間は比較的お客さんが少ないので、予約をしていかなくてもすぐに入れるカラオケ屋さんも多いと思いますが、最初のヒトカラは予約をしていくことをおすすめします。最近はほとんどのお店でヒトカラを許可していますが、お店によってはヒトカラをお断りしていたり、一人だと割高になる場合もあるからです。電話で予約をする際、ひとこと「一人ですが大丈夫ですか?」と聞いておくと安心です。また通常はヒトカラを許可しているお店でも、年末年始やゴールデンウィークはお断りしている場合もあります。また予約をしていると「勇気を出して店に行ったはいいけれど、部屋が満室で待たされる」という事態も回避できます。

②カウンターでははっきり喋ろう

2-02

ヒトカラを許可しているお店の店員さんは、一人のお客さんにも慣れています。変に恥ずかしがったりせず堂々と話しましょう。一人で楽しめるか心配な人は1~3時間を選び、全然大丈夫だという人はフリータイムでもいいでしょう。一人でフリータイムを満喫するのも全然変なことじゃありません。私はフリータイムしか選びません。

③店員さんがくるのを待とう

2-03

店員さんが最初のワンドリンクを持ってきてくれたり、ドリンクバーのグラスを持ってきてくれる場合は店員さんが来るまでリモコンの準備をしながら待ちましょう。店員さんが出て行ったらヒトカラスタートです。

④ドアから顔が見えない位置に移動しよう。

2-04

なんとなく気になったのか、はたまた趣味なのか、まれにのぞいてくる人がいます。これは部屋の構造によってはできませんが、ドアから顔が見えない位置があるなら移動してしまいましょう。通行人が気になりません。また、慣れてくるとどうでもよくなります。恥ずかしいからといって持ち物でドアを隠すのはやめましょう。不審に思われ、店員さんに迷惑です。

⑤とにかく歌を入れよう。

2-06

最初は恥ずかしくなかなか声もでないかもしれませんが、あなたはもう最大の難所「カウンター」を超えてきたのです。部屋に入ってしまったのだから楽しまないともったいない!思う存分歌いましょう。歌う歌が尽きたらメドレーを入れてみたり、履歴を見たり、ランキングに入っている曲をかたっぱしから入れてみてもいいでしょう。1番しか知らない曲でも、サビしか知らなくてもいいんです。だって一人なんですから。

⑦フリータイム退出は30分前~20分前に

2-05

基本的にフリータイムのお客さんは何名かのグループで来ている方が多く、終了10分前~5分前あたりにお会計に向かうことが多いです。10分前の連絡を受けてカウンターに向かうと会計待ちのグループがいくつもある場合があります。全然気にならない場合は10分前~の退出でかまいませんが、あまり人に見られたくない方は早めに退出して会計に向かいましょう。

◎その他


貴重品の管理はしっかり

トイレなどで部屋を出るときは、必ず貴重品を持っていきましょう。盗られることはめったにないとはおもいますが、用心するに越したことはありません。自分の荷物は自分で守ろう!

歌いたい曲を貯めて行こう

ヒトカラは歌う時間がたっぷりとれるので、行く前に家でいろいろな曲を聞いて歌いたい曲を増やしていくとより楽しめます。スマホにでもメモして行きましょう。

最後に

お店が許可しているのだからヒトカラをすることは何の問題もありません。また世の中にヒトカラ好きは結構多いものです。最初は恥ずかしいかもしれませんが、勇気を出して存分にヒトカラを楽しんでください。もし「一人で行くの?寂しくない?」などと聞かれたら「楽しいよー」とさらっと流しましょう。「一緒に行ってあげるよ」と言われても「一人で行くのが楽しいんだよ~」と流しましょう。理解されないこともあるかもしれませんが、そこは価値観の違いです。いろいろな人がいますからそんなこともあります。あまりにしつこく言われる場合は距離を置きましょう。ヒトカラが楽しければ行けばいいし、やっぱりだれかがいないと寂しいなら友達や知人を誘っていけば良いのです。各々に合った方法でカラオケを楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です